本文へ移動
東北から、未来へ。
ー 2020東北地方林業成長産業化地域サミット ー
秋田杉はわたしたちの誇り。
ー もう一度、林業の活性化を ー
ふるさとのたからものを、子どもたちの未来へ。
ー 林産地としての文化と資源を次代へつなぐ ー
木材活用の推進と啓発活動●
人と木がいっしょになると、すごい
〜東北チェンソーアート競技大会〜
●林業は、大切なものを未来へ残す大きな仕事●
歴史・文化・産業・自然を守る。
●マーケティングに基づく用途開発・商品開発の推進●
良質な秋田スギの、高付加価値化
大館北秋田地域林業成長産業化協議会
共同宣言
ー 大館市・北秋田市・上小阿仁村 ー
木材活用の推進と啓発活動●
収穫期の木材を有効に活用するための
木の良さを知るアイディアと工夫をこらします
日本最大級のスギ蓄積量を誇る秋田県。
“秋田スギの産地”としての復活をめざします。 
林業経営者が力を合わせます。
ー 主伐再造林一貫作業システム ー

新着情報とお知らせ

秋田スギ講座・ワークショップを開催します
2020-11-02
大館市、北秋田市、上小阿仁村の2市1村の「大館北秋田地域」における秋田スギ等木材利用の推進に向けて、「秋田スギ桶樽」に関する講座と、秋田スギ桶と地域産食材による味噌仕込みを体験する「木育」と「食育」を兼ねたワークショップを開催します。地域の皆様のご参加をお待ちしております。
講座・ワークショップについて
【対象者】秋田スギ・林業木材産業に興味のある方、林業・木材産業関係者等

【日時】11月28日(土)10:00~12:30(受付 9:30~)

【会場】大館市立中央公民館 第1・2研修室 (大館市字桜町45-1 ℡:0186-42-4369)

【内容】
講座:『秋田スギの桶や樽を科学する』
    講  師:秋田県立大学木材高度加工研究所 准教授 足立 幸司 氏
 
ワークショップ:『スギ桶を用いた味噌仕込み体験』
    講  師:食育指導師・みそソムリエ 小山 明子 氏

【定員】20名※託児あり

【参加費】無料

【参加条件等】「講座」及び「ワークショップ」についていずれも受講いただくこと
参加申し込みについて
【受け付け期間】11月2日(月)~11月24日(火)電話、ファクスまたはメール
 
【申し込み方法】
・申し込み先
大館北秋田地域林業成長産業化協議会 事務局(大館市産業部林政課 内)
<電 話>0186-43-7076 <FAX>0186-42-8570<メール>mokuzai@city.odate.lg.jp

※申込みの際には、受講希望者全員のお名前、ご連絡先(電話番号)、託児希望の有無をお知らせください。FAX・メールで申し込みされたかたには、受付について、事務局から連絡します。

【持ち物】エプロン、三角巾
その他
【グラフィック・レコーディングについて】
 講座・ワークショップの内容を文字や絵を用いてリアルタイムで記録する「グラフィック・レコーディング」を実施いたします。

【仕込み後の味噌の取り扱いについて】
 ワークショップで仕込みを行う味噌について、以下の条件にて希望者に無償提供致します。
・仕込み期間に1年間程度要し、受講者1名あたり100グラム程度の提供となること。
・完成した味噌について、当協議会事務局に引き取りに来ていただくか着払い(受講者負担)にて郵送することについて了承いただくこと。
 
協議会公式Facebook
 
大館北秋田地域
林業成長産業化協議会
〒017-0897
秋田県大館市字三ノ丸13番地19
TEL.0186-43-7076
FAX.0186-49-3133
0
0
8
4
8
9
TOPへ戻る